安全への取り組み

運輸安全マネジメント

安全に関する基本方針

  1. (1)安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く理解し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
  2. (2)輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行する。
  3. (3)安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を遂行する。
  4. (4)輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

平成30年度安全目標

  1. (1)乗客の安全を確認し車内事故を0件に!
  2. (2)歩行者の保護を徹底!
  3. (3)右左折時巻込み確認の徹底!
  4. (4)駐車場内での有責事故を0件に!

自動車事故報告規則第2条に規定する事故統計

区分 平成28年度 平成29年度
第2条1項(転覆・転落・火災) 0件 0件
第2条2項(10台以上の衝突) 0件 0件
第2条3項(死者または重傷者) 0件 0件
第2条4項(10人以上の負傷者) 0件 0件
第2条7項(操縦装置・他不良) 0件 0件
第2条8項(酒気帯び運転) 0件 0件
第2条9項(運転者の疾病) 0件 0件
第2条10項(救護義務違反) 0件 0件

夕張鉄道株式会社
代表取締役社長 畠山 朗

バスジャック対策

車の運転手さんや地域の皆様へのお願い

安全に関する基本方針

バスが蛇行して走っていたり、ハザードランプが日頃より多く点滅していたり、かわった色のランプが点灯していたり、あるいは行先表示のところに「SOS」等が表示されていたら、そのバスの車内では異常事態が発生しているかもしれません。
そのようなバスを見かけましたら、「110番」への通報をよろしくお願いします。

夕張鉄道株式会社

車内事故対策

バスの車内事故防止についてのお願い

走行中に席を離れると、転倒などにより思わぬけがをする場合があります。お降りの際は、バスが停留所に着いて完全に止まってから席をお立ち願います。
また、バス安全運転に徹しておりますが、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合があります。
満席のため、お立ちになってご利用いただく場合には、吊革や握り棒にしっかりおつかまりください。
バスの車内事故防止に皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

夕張鉄道株式会社

生活交通路線の運行維持について

身近な生活交通を確保する為、
国・北海道からの補助金の交付を受け、下記の路線運行を維持しております。
これからもより多くのお客様のご利用を賜りますようお願い申し上げます。

運行系統名 起点 経由地 終点 キロ程
新夕張駅前~新札幌駅前 新夕張駅前 栗山駅前 新札幌駅前 往路77.9km 復路77.7km
南清水沢駅前~新札幌駅前 南清水沢駅前 由仁駅前 新札幌駅前 往路64.2km 復路64.4km
栗山駅前~新札幌駅前 栗山駅前 南幌ビューロー 新札幌駅前 35.3km
南幌東町~新札幌駅前 南幌東町 上江別西町 酪農学園構内 新札幌駅前 28.5km

救急救命講習について

夕張市消防本部、江別市消防本部のご協力をいただき、乗務員への応急手当教育を実施

整備講習について

整備管理者が講師となり非常口からの脱出方法ほか教育指導